284月

歯科衛生士は治療にも参加できる国家資格保持者

歯科衛生士と歯科助手との違い

歯科医で医師の治療のサポート役として大きく分けて歯科衛生士と歯科助手がいます。患者からすると、どちらも医師のサポート役で相談しやすいというイメージですが、両者には大きな違いがあります。それは歯科助手は誰でもなることができますが、歯科衛生士はしっかりとプロの知識と技術を学んだうえで、国家資格試験に合格しなくてはなりません。衛生士は国の認めた歯のメンテナンスのプロなのですから、それだけ技術の高さと行える業務の幅で大きな差があります。歯科助手は資格がないので、患者さんの口内に触れることは禁止されていますので、かなり限られた仕事内容になります。

歯科衛生士ができることは幅広い!

国家資格を持った口内のプロである歯科衛生士は、ただ歯科医の治療の手伝いをするだけではありません。歯科医との確認は必須ですが、それでも歯科衛生士単独で行える業務も数多くあります。例えば口内に触れていいので、歯のクリーニングをおこなうこともできます。その際に虫歯などケアが必要な歯を見つけて早めに治療する手助けもできます。また、歯磨き指導や歯や歯茎の状態をチェックするなども可能です。口内全体のチェックや予防面でも大きな役割を果たしますので、重要なポジションとして働くことができます。また、忙しい歯科医に変わって患者さんから質問を受けることも多いので、患者と歯科医の間を取り持つ役割も大きいです。多くのことを取り扱うことができるので、学ぶことも多くやりがいのある仕事です。

現在の職場に愛着があり、転職は考えられないという方でない限り、歯科衛生士の求人は日々、チェックしておくのが良いでしょう。高待遇の求人が突如、出て来るケースがあります。