284月

1社にこだわるのがいいのか?しっかり準備期間を持とう!!

必ずしも希望通りの結果が得らえるわけではない

将来なりたい仕事、入りたい会社などを持っている人がいるかもしれません。子供のころからの夢があり、そのためにいろいろな努力をしている人もいます。では大学生が就職活動をするとき、すべての人が一つの会社や仕事にこだわって行うのが良いかです。もちろん夢を持って活動をするのは良いでしょうが、人気のある会社や仕事であればその他にも希望する人がいます。となると自分の夢が必ずしもかなうとは限りません。就職活動をするときの心構えとして、いろいろな選択肢を用意するようにしましょう。まずは応募する会社の選定があります。一社だけでなく、複数社に応募した方がいいでしょう。さらに職種の希望が通らなかった時にどう気持ちを切り替えるかも考えておきましょう。

準備期間が長ければそれだけ成功確率も高くなる

大卒で就職を目指そうとする人は、最終学年時に就職活動を本格化させます。企業訪問を行ったり、OBやOGへの訪問、実際に応募をして試験や面接などを受けます。基本的には3年次などには企業訪問などの活動はできません。では4年生になるまで何もする必要がないかです。就職活動で性交する人は、しっかり事前に準備をしています。早い人は入学した当初からそれなりに心構えを持ち、将来何になりたいのか、どんな業種や職業があるのかなどを調べています。準備期間は長ければ長いほど対策ができます。成功確率も高くなると言えるでしょう。1年から3年までは直接企業訪問などはできませんが、ホームページなどで事業内容を調べたり、就職課で質問をしたりなどはできます。

新卒紹介とは、 紹介会社が学生をネットで登録させ、そのプロフィールなどを厳選し、マッチする学生を企業に紹介するという就活システムの一種です。